スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードの覚え方 しーずん流(^o^) その2

こんばんは!

段々と涼しくなってきて、秋の気配が感じられるようになってきました(^^)
以前、書かせていただいた「コードの覚え方」ですが、今日は前に取り上げなかったコードについてお話ししたいと思います!

まず・・・なんせ何百ものコードを英単語のように暗記して覚えるとなると億劫になりますよね(´Д`)
それに英単語のように覚えても、実際に活用できないと意味がない・・・。
そこで!コードを覚える近道として、コードを楽しく、手っ取り早く覚えるには実際に鍵盤で弾いて「イメージ」として捉える!・・・と前回お話ししました。

初めての方は、8月に書かせていただいた「コードの覚え方 しーずん流(^o^) その1」の記事をご覧いただくとよりおわかりいただけるかと思います!

それでは、実際に鍵盤を弾きながら始めていきましょう!
ではでは・・・今回、取り上げるコード「セブンスコード」について!

C7
「読み方:シー・セブン」「押さえ方:ド、ミ、ソ、シ♭」
セブンスコードは、びっくり箱を開ける前のドキドキさせられるような気分を思わせる響きです!それに、どこかに向かいたくなるような印象もあります。イメージするなら「不安定、期待感、何かが始まる予感」などのイメージといった感じ。

とはいえ、このコード単体ではイメージしづらくてよくわからないという方もいらしゃるはずです。その場合はC7「ド、ミ、ソ、シ♭」を弾いた後にF Major「ファ、ラ、ド」というコードを弾いてみましょう!
ちなみに、F Majorというコードについてお話ししますと・・・
今回、新しく登場しましたが、F MajorはC Majorと同じMajorコードなので役割、機能的、イメージとしてはC Majorと同じです!Majorコードは前回お話ししたように「明るい」響きでしたね!

C7→F Majorを弾いてみると・・・「明るく曲が終わった~!」って感じがすると思います!
実は、C7(セブンスコード)というコードは、次のコードに行きたくなる性質を持っているコードなんです。F Majorは弾かずにC7だけ弾くと何というかスッキリしない感じがあります(^_^;)
それと、C7→F minnor「ファ、ラ♭、ド」も弾いてみるといいでしょう!こちらは果たしてどうなるでしょうか?是非、試してみてください(^^♪
まとめると、セブンスコードの特徴、覚え方として「次に行きたくなるような響き、これから何かが起こるような響き...etc」などのように、響きの特徴をイメージして覚えるといいと思います!それと、先ほど試したようにMajorコードとminorコードを関連付けてみるとよりわかってきます!

というわけで、夜遅くなってしまったのでこの辺にします!セブンスで長くなってしまった~!!(゚Д゚)

「コードの覚え方」シリーズは定期的に書いていきたいと思いますのでお楽しみに!

ではまた!(^o^)丿

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しーずん

Author:しーずん
作曲とピアノ(^^♪

福島県いわき市生まれ

クラシック、ポピュラー、イージーリスニング、オリジナルなど様々なジャンルの音楽を演奏し、東京都内、福島県内のホール、各施設を中心に音楽活動を行っています。
最近は、主に音楽研究に取り組み、ピアノ練習法、奏法や楽曲分析、音楽理論、コード進行について日々研究中です。
YouTubeにて、オリジナル曲や演奏動画を公開していますので、ぜひご視聴ください!
(リンクから「しーずん 投稿動画」よりご視聴いただけます。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。